青根キャンプ場」カテゴリーアーカイブ

アイキャッチ

青根キャンプ場(2回目) その2

どーも、inumaticです。

その1の続きです。

フリーサイト場内画像

いや~、まるでフェスの様な場内です。

落ち着いたのでお昼ご飯です。

カップ麺画像

今回は簡単にカップ麺です。早い、うまい、安い!

先日の北海道で秋を感じて帰ってきたのですが
この日は天気も良く、Tシャツで十分でした。
お腹も満たされたので場内散歩にくり出します。

道志川画像

道志川、綺麗です。※ここは遊泳禁止です。

キャンプ場内をぐるりとU字の様に道志川が
流れていて夏場は川遊びが楽しそうです。
テントを張った土手の向こう側が釣り堀でしたので
管理棟で竿と餌(いくら)をゲットして釣り堀へ。

釣り堀画像①

手前の階段を下りると釣り堀になってました。

釣り堀画像②

魚はよく見ると結構います。

餌画像

餌がいくらです。うねうねした虫じゃなくて一安心です。

いくらなら息子も大好きなので
自分でちゃんとつけてました。

釣り画像

嫁も魚の動きを見てます。真剣です。

魚画像

ニジマスだったかな。。?3匹ゲットです。

最初はなかなか釣れませんでしたが場所を移動して
様子をみていたら あっ という間に釣れました。
さすが釣り堀です、釣れない事はありません。

我が家の大事な今晩のおかず。
釣れて一安心です。

釣りを一通り、楽しんだ後は足まで川に入って
川遊びを楽しみました。キャンプ場内には
遊泳禁止の深い所もあれば大人の膝下までの
子供にはちょうどいい深さの所もあり
川遊びには絶好の場所だと思います。

息子も他の子供達も冷たいのに元気に
バシャバシャ水遊びを楽しんでました。
若いっていいなー。

テントの設営と釣りで汗かいたし
川遊びで足が冷え切ったので夕方前に
温泉に行く事にしました。

いやしの湯画像

いやしの湯で癒されます。

こちらのキャンプ場は温泉施設が隣接されており、
サイトから歩いて温泉に入りに行く事ができます。
この温泉があるというのもこのキャンプ場が人気の
ポイントの一つですね。

いやしの湯

大人は700円/3時間、小人は400円/3時間です。
入ったのが15時頃ですいてはいませんでしたが
ゆっくり入る事ができました。

温泉は36.8度の中温で低張性アルカリ性温泉、
成分的には「しっとりとなめらかさ」が 特徴です。
内風呂、露天風呂と広々していて施設も
綺麗でとても良かったです。

少し前は温泉来ても息子が熱がって
すぐに出たがってましたが最近は
慣れてきたのかそろそろ出ようと
言うまで出たがらなくなってきました。

お風呂に入ってすっきりしたので
キャンプ場近くのスーパーへ調達に出かけます。

スーパー画像

「いのうえ」さんです。

晩御飯の野菜、飲み物、お菓子を購入しキャンプ場へ戻ります。
少しずつ暗くなってきたので晩御飯の準備です。

焼き魚画像

私は火おこしして焚火で魚を焼いていきます。

焼き魚画像

なんとかうまく焼けました。

嫁には中でシチューとご飯を作ってもらいました。

晩御飯画像

今回の晩御飯です。

息子に「自分で釣った魚だよー」と言うと
興味もって食べてくれます。
自分で釣ったり野菜を育てたりすると
より興味をもって食べてくれるので
食べる前の工程を体験させる事は大事だと
改めて感じました。

焚き火画像

ご飯の後は焚火を楽しみつつ

お菓子画像

お菓子パーティしつつ

花火画像

息子は花火、嫁はスマホいじりとそれぞれ楽しみます。

夜のテント画像

周りの方々も焚火を囲んで話し込んだり楽しそうです。

こんな密集状態だったので
場内はかなり賑やかでした。。
寝る時もさぞかしうるさくて
寝れないかな~と
思っていましたが意外にも、
22時以降は静かになりました。

朝画像

朝です。朝霧がたまりません。

キャンプ場、自然の中の朝は本当に癒されます。

朝コーヒー画像

嫁と息子を起こさない様にアルコールストーブで静かにお湯沸かします。

キャンプ朝のコーヒータイム。
これまた最高の瞬間です。

息子の朝ご飯画像

キャンプでは息子は積極的に手伝ってくれます。

嫁と息子が起きて朝ご飯の準備です。
私はボケーっと見てるだけ。。

ホットケーキ画像

余ったチョコを入れてみます。

ホットケーキ画像

はちみつを忘れたのでちょうど良かったです。  ちょい焦げ。。

朝ご飯もすませて少しゆっくりした後、
撤収作業を始めチェックアウト時間前に
無事に片付け完了しました。

今回、初めてティエララルゴを使用して
キャンプしてみましたがとても快適でした。

リビングスペースにアイアンラック、テーブル、
収納ボックス×2、クーラーBOX、鹿ベンチ、
Helinoxのチェアワン置いても狭いな~
という事はありませんでした。

寝室スペースも5人用に3人使用なので
荷物入れても広々、寝相の悪い息子は
縦横無尽に動いてました。。

ピルツ+タープを使用している時は
どうしても道具を全て中に入れる事は
できないのですがティエララルゴは
リビングスペースに入れる事ができので
安心ですし、見た目もすっきりして
気持ち良いです。

今回、残念ながらキャンプ場の設備写真を
撮り忘れてしまいました。

設備自体は全体的に古いという事はなく
トイレは男性用で大小、複数あります。
炊事場も広くて洗いやすい作りになってます。
一部、お湯が出る箇所もあります。

全体的に今回はかなりの人が密集して
使用していたのでそれなりに汚かったです。

最初に来た真冬時期の人がいない時は
綺麗にされていて快適に使用していた
記憶があります。

最初に行こうと思っていたキャンプ場は
行けませんでしたがここの存在を
知っていたので非常に助かりました。

予約不要で温泉も隣接されている
キャンプ場はなかなかありませんので
まだご利用されていない方は
是非、利用してみてください。

通年営業ですのでこれからの真冬時期は
おすすめです。

ではまた。